ほうれい線を効果的に消す方法

見た目年齢に大きく左右する頬まわりの『ほうれい線』。少しでもケアできれば外見の印象をアップさせることも可能です。 当サイトではほうれい線ができてしまう原因や効果的なエイジングケアの解説、メイクでほうれい線を消す方法、最新のおすすめ美容アイテムを紹介しています。


こんな悩みを抱えていませんか?

一般的には25歳を過ぎたあたりから肌の老化を感じるようになると言われており、しみ・しわ・くすみ・たるみなどの症状が現れるようになります。 ほうれい線は頬の脂肪を支える皮膚や皮下組織がたるむことによって起こり、口周りにシワもできてしまうことから実年齢よりも老けて見えてしまいます。

ほうれい線ができてしまう原因とは?

肌の構造図

原因1:皮膚組織のたるみ

肌の弾力を保つコラーゲン、コラーゲン同士をつなげるエラスチン、細胞間の潤いを保つヒアルロン酸などが加齢とともに減少していくことにより、皮膚組織がたるんでほうれい線の原因となります。

原因2:ターンオーバーの乱れ

加齢とともに代謝が悪くなり肌細胞の生まれ変わりのサイクル(ターンオーバー)が遅くなっていきます。古くなった肌細胞はシワができてしまう原因の1つで、放置しておくと深いシワになってしまうことも。

原因3:女性ホルモンの減少

女性ホルモンの1種である「エストロゲン」は、体内のコラーゲン生成を促すなど美肌に大きく影響しています。ただしエストロゲンの分泌は30代後半から急激に減少していきます。

そもそもコラーゲンって?

そもそもコラーゲンって?

コラーゲンは繊維質のたんぱく質で、真皮の中で網目状の構造を作ることでお肌の弾力をキープしています。 エラスチンはコラーゲンを輪ゴムのように束ねる役割を担っており、ヒアルロン酸は真皮の中を埋めている保湿性が高いゼリー状の成分です。
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸は加齢とともに徐々に減少していき、肌の弾力が失われることによってシワやたるみの大きな原因に。
ほうれい線を効果的にケアするためには正しいアンチエイジング方法でスキンケアを行うことが大切です。

ほうれい線におすすめ3つのエイジングケア

ピーリングで角質を取り除き、ターンオーバーを促進する!

ターンオーバーのしくみ
古い角質を剥がしてくすみもすっきり!
美容液が浸透しやすくなる効果も!

新しい肌細胞は基底層で作られ、約28日間をかけて角質層へと上がっていきます。古くなった肌細胞は角質となり、最終的には垢となって剥がれ落ちるのがターンオーバーの流れです。
ところが年齢を重ねるとターンオーバーの周期は長くなり、40歳を超えると約40日間かかると言われています。ターンオーバーがうまくいかないとシワやたるみ、くすみの原因に。
そこでピーリングで角質を取り除き、ターンオーバーを促してあげることが大切です。厚くなった角質を軟らかくすることで、美容液などに含まれる有効成分が真皮まで浸透しやすくなるという効果も期待できます。


おすすめ
商品 特徴・成分 価格
ブランコムネージュ
クエン酸でお肌をやさしくピーリング
ノーベル賞受賞「EGF」配合
楽天売上デイリーランキング1位獲得
クエン酸EGFリピデュアコラーゲン
80g(約6ヶ月分)
¥2,800(税込)
初回限定送料無料
デルマQ2
AHAと独自の角質吸着成分配合
ポーラオルビスグループが開発
モンドセレクション/AllAbout受賞
AHAサンゴパウダーヒアルロン酸
35g
¥1,620(税込)
トライアル限定送料無料

レチノールとビタミンC誘導体でコラーゲンの生成を促す

美顔器使用のイメージ写真+浸透している図解?
あああ
いいい

真皮の深いシワや皮膚組織のたるみにはコラーゲンの生成を促してあげることが有効
レチノールとビタミンC誘導体が入った美容液を使う
美顔器を使って奥にまで誘導してあげることも有効
飲んでもコラーゲンは増えない
あああ


おすすめ
商品 特徴・成分 価格